みつぼんブログ 〜バイロイト交換留学日記〜

ドイツ語を学ぶ大学生。春からドイツのバイロイトに留学中。更新は随時。

Crunchyroll 〜ドイツでの日本アニメ鑑賞〜

 

Hallo!

みつぼんです。

今回は、Crunchyrollについて書いていこうと思います。

 

突然ですが...

海外にいると、日本のアニメが恋しくなりませんか?

 

筆者は恋しくなりました。

 

日本では、各クール毎に最新のアニメを地上波で見ることができます。

しかし、ドイツではそうもいきません。

 

筆者の場合、

留学期間とお気に入りアニメ『呪術廻戦』の地上波放送期間が被ってしまい、

とても複雑な気持ちになりました。

 

有料の動画配信サービスを使えばドイツでも観ることができるかもしれませんが、

日本に居れば無料で観れるものにお金をかけたくありませんでした。

 

困った。

 

そんな時に見つけたのが「Crunchyroll」です。

 

Crunchyroll

Crunchyrollとは、海外向けの日本アニメ配信サービスです。

 

無料プランと有料プランの両方が提供されており、

需要に合わせて利用プランを選択することができます。

 

本拠地はアメリカだそうですが、ドイツにいても利用できるサービスです。

 

筆者は今回、このサービスを初めて知りました。

詳細をよく知らなかったので、インターネットで検索して調べてみることにしました。

違法だったらどうしよう...という心配がありましたが、

れっきとした合法のサービスであることがわかったので安心しました。

 

ちなみに...

Crunchyrollはソニーグループの子会社にあたるそうで、

最新のニュースによると、当グループに買収されてから1年が経過しているそうです。

www.nikkei.com

 

では、いったいどのようなアニメを観ることができるのか。

また、無料プランと有料プランの違いは何か。

 

ここからは、筆者の体験に基づき、上記2点についてお話しします。

 

配信アニメ

Crunchyrollでは、数々のアニメが配信されています。

 

たとえば、『NARUTO』や『呪術廻戦』。

名探偵コナン』や『ワンピース』。

SPY×FAMILY』『鬼滅の刃』『僕のヒーローアカデミア』。

そして、『遊⭐︎戯⭐︎王』シリーズ。

 

これ以外にも、たくさんのアニメが配信されています。

 

筆者はアニメに詳しいほうではないので、何が有名アニメなのかがわかりません。

しかし、少なくとも上記6つは有名であることを知っています。

 

現在、無料のプランでCrunchyrollを利用していますが、

NARUTO』と『呪術廻戦』は「日本語音声+英語字幕」で視聴できました。

 

『遊⭐︎戯⭐︎王』シリーズについては、

『遊⭐︎戯⭐︎王デュエルモンスターズGX』を1度視聴しました。

 

無料プランで視聴できましたが、音声が英語だったので非常に違和感がありました(笑)

 

声優の方も英語話者に一新されていたので、

日本オリジナル版を担当している特定の声優さんを推している方にとっては、

ショックが大きいかもしれません。

 

その他、『名探偵コナン』と『ワンピース』は有料プランのみの配信でした。

したがって、無料プランで利用している筆者には視聴できませんでした。

 

SPY×FAMILY』『鬼滅の刃』は比較的新しいアニメですが、

両者とも有料プランのみの配信でした。

 

僕のヒーローアカデミア』は調べていないのでわかりませんが、

サービス内で大々的に宣伝されていたので配信されていることは確かです。

 

筆者が挙げたアニメを見ていると、

有料プランのものが多いように感じるかもしれませんが、

無料で視聴できるアニメもたくさんあります。

 

プランによって差はありますが、

昔のアニメだけでなく最新のアニメを見ることもできるので、

非常に魅力的なサービスだと思います。

 

アニメ好きの方へ 〜AnimagiC〜

先月、ドイツのマンハイムという都市で「AnimagiC」というイベントが行われたそうです。

開催場所は、Rosengarten(ローゼン・ガーテン)というマンハイムの観光地。

 

筆者は参加していませんが、メディアで取り上げられているのを見て、後から知りました。

www.swr.de

 

どうやら、このイベントでは、

日本の漫画やアニメに関する展示・販売やコスプレ、

映画上映やコンサートに至るまであらゆるブースが設けられていたようです。

animagic.de

 

日本からも著名なゲストが招かれていたようなので、

アニメ好きの方にとっては必見のイベントかと思います。

 

もっと早く気づいていれば行けたのに...

 

筆者の場合、

イベントに参加できなかったことに対して少々複雑な気持ちになりましたが、

日本のアニメ文化が異国で浸透していることを知り、喜ばしい気持ちにもなりました。

 

おわりに

今回は、海外向け日本アニメ配信サービス「Crunchyroll」について綴りました。

 

ドイツにいると、日本にいるときよりも、アニメに親しみにくくなります。

 

特に、推しているアニメがある場合、

日本で開催されるカフェや展示などのイベントに参加できなくなるので非常に困ります。

 

筆者の場合、

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの『呪術廻戦』コラボが留学期間と重複したので、

非常にショックでした。

 

異国でも学びたいし、日本のアニメにも親しみたい...

 

Crunchyrollは、そんな日本文化に対するホームシック的な気持ちへの対処として有効です。

 

余談ですが...

現在、筆者は『NARUTO』を見ています。

 

日本語音声と英語字幕を照らし合わせ、

「このセリフはこうやって訳されるのか!」という気づきを得たり、

状況描写から当該の英語表現が使われる状況を学んだりしています。

 

まあ、一番の目的はアニメを楽しむことですが、

ちょっとした発見もあるので勉強になります。

 

配信アニメに関する情報は、

CruchyrollのTwitter公式アカウントで簡単に得ることができるので、

参考までに提示しておきます。

twitter.com

 

また、ドイツ最大の日本アニメ・漫画レーベル「KAZÉ」の公式サイトでも、

配信やグッズ販売などの情報が掲載されています。

kaze-online.de

 

ドイツ語学習の息抜きがてら、読んでみると何か発見があるかもしれません。

 

では、今回はこの辺で。

 

Tschüss!

 

みつぼん